So-net無料ブログ作成
検索選択

JR東海訴えられる [鉄道の旅]

新幹線開業50周年に汚点

新幹線鳥飼基地(写真)内での地下水汲み上げを目的とした井戸の掘削をめぐってJR東海と地元摂津市が対立しているという話は過去記事「ただ今調整中」でも触れましたが、摂津市の再三にわたる中止要請を無視してJR東海が工事を強行、遂に摂津市が工事中止を求めてJR東海を提訴する事態に発展してしまいました。




◆ことの成り行き

事件の経緯は以下の通りです。
JR東海は、災害等で水道が途絶した際のバックアップを図るとして鳥飼基地内で井戸の掘削を計画します。ところが、国鉄時代に地下水の汲み上げが原因で周辺で地盤沈下が発生したことがあり、国鉄は摂津市と地下水汲み上げを行わないとする協定を結び、この協定はJRにも引き継がれます。当然摂津市は協定を盾に計画中止を申し入れます。対する東海は、井戸の地点は茨木市域にあり摂津市との協定は効力が及ばないとして申し入れを無視、工事を強行します。


◆信じられないJR東海の態度

市の境界を根拠にした東海の主張は一見妥当に見えますが、鳥飼基地の敷地は97%が摂津市に属し、茨木市域は僅か3%に過ぎません。「そうだ、茨木に掘ろう」ということになったのかも知れませんが、例え井戸の位置が茨木市にあろうと地下水汲み上げで影響が出れば摂津市域にまで波及するのは必至でしょう。摂津市が主張する「協定は基地全域が対象」という見解は妥当だと思います。市域を云々する東海の言い分は協定の主旨を無視したものと言えるでしょう。あくまでも市域に拘るのなら、茨木市に井戸を掘るのは認めるが、摂津市域の地下水には一切手を付けるなと言ってやれば良いでしょう。
一方で東海は、計画範囲内での汲み上げでは地盤沈下は起こらないとも主張します。この主張を裏付ける有識者の意見もあり、さらには適度な汲み上げは地震発生時の液状化緩和にもなるという主張もあります。ならばこうした意見を提示し、摂津市と事前に協議を行うのがスジというものです。ところが今回東海は全て抜き打ち的に強行し、市長の面会要請も無視しているそうです。
そんな東海がメディアの取材を受ける度に口にするのが「当社は東海道新幹線の運行という重責を担っており…」という台詞。我々は大事な仕事をしているので沿線の一自治体ごときが口を出すなと言わんばかりの傲慢な姿勢を感じます。重責を担う企業にはそれなりの振る舞いが求められるはずです。しかし、今回の東海の一連の態度を見ていると同社の企業体質、コンプライアンスにも疑問を感じてしまいます。やっぱり社是は「唯我独尊」なのかな…。


◆JR東海の目的は?

地元自治体の抗議に耳も貸さずひたすら地下水汲み上げに突っ走る東海。この問題は関西では連日報じられており、東海の企業イメージに対するダメージも少なくないはずです。こうまでして井戸掘りに拘る東海の目的は何なのでしょう? まさか水道代の節約なんてことはないと思いますが…。
nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 29

コメント 6

nozzy

ほんとうに、そこまでして地下水をくみ上げるのはいったい何のためなんでしょうねえ。
地下水問題というと箕面グリーンロードと箕面の滝のことを思い出します。
by nozzy (2014-11-16 01:38) 

サットン

nozzyさん

ホンマにわかりません。何故ここまで頑なに井戸掘りに拘るのか。ここまでに摂津市と話し合うチャンスは何度もあったはずなんですけど…。
近所付き合いが苦手なんでしょうね、JR東海。
by サットン (2014-11-17 09:21) 

yogawa隼

原告摂津市、被告JR東海の裁判を意識したいと思います。

北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
 (宮沢賢治「雨にも負けず」より)
by yogawa隼 (2014-11-17 22:11) 

サットン

yogawa隼さん

本当にこんなことで裁判をしなければならないとは情けない話しですね。本来なら話し合いで決着できることだと思いますが、東海にその気がないので摂津市としては窮余の策だったんだと思います。
by サットン (2014-11-18 09:54) 

京葉帝都

裁判の目的の一つに「真実を明らかにする。」があると言われていますが、この事案では、公共性を振りかざして何でもありの企業の体質が晒されるものと思われます。リニアの本格工事を控え、微妙なものがありますね。

by 京葉帝都 (2014-11-18 12:33) 

サットン

京葉帝都さん

法廷でJR東海がどんな主張をするのか見ものですね。現在までの主張はおよそ理解できるものではありません。新幹線を盾に自社の都合を横暴に押し通そうとしているようにしか思えません。
本当にリニアに関しても疑問符が付きますね。
by サットン (2014-11-19 10:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。