So-net無料ブログ作成
検索選択

トワイライトの旅1990 余話 [鉄道の旅]

北海道の鉄道の思ひ出を・・・・

「追想 トワイライトエクスプレスの旅 1990」 からの続きです。

今回も前記事同様、紙焼写真を披露しながらの冬の北海道乗り鉄記事です。まあ、紙芝居気分でお付き合い下さい。

トワイライトで札幌に着いた後のことをご紹介しようと思うのですが、この頃の私は「記録よりも記憶」というどこぞの文化人の言葉に洗脳されており、ろくに記録が残っておりません。記憶したはずの事柄も脳内のメモリが低品質なこともあって多くが消えてしまっております。従って時間や列車名が曖昧であることを始めにお断りしておきます。記録って大事ですよね~。

石勝線は恨むが如し

後ろ髪を引かれる思いでトワイライトを見送った後は石勝線乗りつぶしに向かうべく特急「おおぞら」乗車を予定しておりました。ところが直近の「おおぞら」の自由席は座れず。1本見送って捲土重来を期しますが、目の前に停まったのはなんとキハ184! 機械室を設置しているため座席が少ない車両です。お陰で同行のN君(←鉄分濃い目の一般人)ともどもあり付けたのは通路側の席という有様で取りあえず石勝線完乗。トホホ・・・・。

鈍行で辿る根室本線

RIMG0731 (480x360).jpg

石勝線の後は根室本線で滝川へ北上しますが、そんなこんなで当初予定の帯広まで行かず新得から引き返すことに。待合室で時間をつぶし、やって来た鈍行に乗り込みます。車両は今も変らぬキハ40。まだJR北海道カラーにはなっておらず、国鉄時代のタラコのままでした。最近先祖帰りで再びタラコに戻っているようですが。
滝川への途中、長時間停車したのが東鹿越の駅。暇つぶしの記念撮影の図がこの写真。上着も着ずに寒そうに見えますが、ご存知のとおり北海道の列車内は強力な暖房が効いています。しばし寒風に晒されるのも心地良かったと記憶しています。

711系と記念撮影

RIMG0732 (480x360).jpg

終点滝川に着いたのは日も暮れた頃になったようです。ここでも記念撮影を。隣に見えるは真っ赤な711系。北海道の電化区間のヌシですな。長らく国鉄在来線唯一の交流専用電車ということもあって、初めての渡道の際には最も注目していた車両ですが、乗ってみると交流専用だからどうということもなく、大した感動もなかったように思います。このとき既に赤地に白帯を纏っていますが、私は登場当初のワインレッドの方がしっくり来るような気がします。その711系もこの度のダイヤ改訂で遂に完全撤退してしまったとか。1両も保存されないのかなあ?
ところで、この後札幌に向かったのですが、時間的にみてこの711系に乗ったとは思えません。おそらく「ライラック」でもとばしたのでは、と思いますが、全く記憶にございません。N君にでも訊いてみないといけませんね。

北の迎賓館

RIMG0733 (480x360).jpg

そして、この日の宿は憧れの札幌グランドホテル! 北の迎賓館と称される老舗です。過去何度か宿泊を試みましたが、生憎と満室に当ってしまい果たせずにいたホテルでした。今回はやっと念願かなってレトロ調のインテリアが渋い本館の客室を予約したのでありました。
この頃の札幌グランドのロビーは極端なまでに絞った照明が印象的でした。そもそもホテルのロビーは顔が指さないように照明は落としていたものですが、このホテルは特に暗く、大人のムードまんてんの空間でした。ロビーに待機するスラッと長身のベルガールさんも格好良かったなあ。今は変っているんでしょうね・・・・。

小樽のすしよ

RIMG0734 (480x360).jpg

翌日は、お寿司を食べたい!というN君の希望で小樽へ。ところが、N君が目星を付けていた店がどうしても見つからず。結局、通りすがりの寿司屋街の店に入ったように思います。
小樽の町を散歩して・・・ ♪粉雪舞い散る小樽の駅に~♪ とロマンチカのメロディがグルグル回る。
小樽からは721系の快速で再び札幌へと舞い戻ります。札幌まで座れず。
雪まみれの721系の顔がいかにも冬の北海道ですな。

帰路は益々混沌と・・・・

RIMG0735 (480x360).jpg

札幌駅でさらに奥地を目指すN君と別れ横浜への帰路に就きます。まずは特急「北斗」で函館へ。「おおぞら」の轍を踏むまいと指定席を押さえたようです。そういえば、一時期こんな色のキハ183系もありましたね。
道中なぜか車内照明が消えた下り「北斗」を見かけたこと以外なんの記憶もないまま深夜の函館着。駅前の函館ハーバービューホテル(現ロワジールホテル函館)に投宿。
翌朝は、快速「海峡」、特急「はつかり」、特急「やまびこ」と乗り継いで仙台からは特急「スーパーひたち」で一気に上野を目指します。651系の乗り心地をたっぷりと楽しみながら。もう二度とこのときの常磐線を辿ることはできません。

当ブログでは日頃ご紹介することもない北海道の旅が2話続きましたが、学生時代の1980年代から関東在住だった1990年代前半にかけては毎冬のように北海道に渡っていたものです。「北風が俺を呼んでるぜ」、ってな感じで。(←小林旭気取り)
最後の渡道から既に10年。もう一度だけ北海道の北風に吹かれたいもんです。


nice!(45)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 45

コメント 19

のり

トワイライトのあとの北海道の鉄旅、なかなか想い出深いものになったことでしょう。

私たちの新婚旅行での北海道最終宿泊は札幌でした。札幌駅前北側のホテルクレスト。
当初の予約ホテルがなぜか変更になりまして、クレストになったのですが、南向きの窓を眺めると目の前が札幌駅!
どうなったかは、ご想像にお任せいたします…(笑)
by のり (2015-03-21 00:35) 

まるたろう

自分も北海道に行ったのが、2006年が最後です。
乗りつぶしオンラインの数字、JR北海道だけは10%いっていません。
道内の特急も、また乗りにいきたいですし、数字も上げていきたい
ですね。
by まるたろう (2015-03-21 07:18) 

サットン

のりさん

学生時代には北海道に行くとなればワイド周遊券の期限一杯まで費やすのが定番でしたので、社会人になってからのせいぜい3泊程度の日程ではなんとも物足りなく感じていましたが、今になって振り返れば仕事の隙間を縫っての旅もまた密度が濃くって面白かったと思います。

新婚旅行・・・私もヨーロッパ某所でのホテルが正に駅前。駅の出入りもフリー・・・ことの顛末はご想像通りです(笑)

by サットン (2015-03-21 11:36) 

サットン

まるたろうさん

北海道の乗りつぶしはJRになってからローカル線をどんどん廃止してくれたお陰で棚ボタ式に踏破率がアップしているように思います。
10年もご無沙汰している間にずいぶんと変わってしまいました。LCCを使えば昔は考えられなかった価格で往復できますし、来年には新幹線もできますね。
by サットン (2015-03-21 11:44) 

京葉帝都

冬の北海道は魅力的なのですね。
711系は国鉄時代に小樽と札幌の間で乗車したことがありました。いかにも北海道の二重窓でデッキ付の客車やDCの代用のような印象でした。写真でよく見る砲弾型のヘッドライトは洒落ていました。引退後に海外で客車として第二の人生を歩む車両もあるかもしれません。
一流ホテルのロビーの照明のお話、なるほどと思いました。東京のT国ホテル(宴会利用)のロビーカフェは荘厳な中にも落ち着きがありました。

by 京葉帝都 (2015-03-22 10:16) 

サットン

京葉帝都さん

私の北海道遠征は冬季に集中してしまっております。ワイド周遊券が冬季割引価格で購入できたのもありますし、宮脇俊三さんが冬こそ北海道だと力説されていたのに影響されたのかも知れません。
711系は交流専用ということで特別な走行音が聞こえるかも、と思っていたんですが、直流モーターなのでそんなことがある筈もなく・・・。

ホテルの照明も最近は気恥ずかしいほど明るくなったように感じます。T国ホテルのロビーは改装してもライトらしい重厚さを湛えているように思います。

by サットン (2015-03-22 11:18) 

あおたけ

トワイライトのあとに道内の鉄道巡り、
そして小樽の寿司などを満喫されたのですね〜!
各所に写っている90年代の車両たちが、
ちょうど国鉄とJRの狭間の時期を表していて面白いです。
もうこの頃には721系が活躍していたのですね・・・。
ラストカットのキハ183、
温かみのある色でけっこう好きだったんですよね。
考えてみたら今の北海道の特急はみんな寒色ですね(笑)
by あおたけ (2015-03-23 18:52) 

やまびこ3

トワイライト、乗ってみたかったです。北斗星だけは2,3回乗りましたが、国内では個室寝台は、サンライズしか乗ったことがないまま終わってしまいます。冬の北海道というとキハ22型のイメージが強いのですが、このころはキハ40が進出していたのですね。札幌駅はすでに高架になっていたのでしょうか。
by やまびこ3 (2015-03-23 23:52) 

サットン

あおたけさん

この旅は一般人のN君のお陰でご当地グルメも満喫しました。小樽の寿司の他に、札幌では郷土料理にも舌鼓を打ちました。私単独なら蛭子的チョイスになっていたかと。
登場した車両は何れも国鉄末期からJR初期のものですね。全廃された711系も最終グループのようです。かつての北海道の車両は仰るとおり暖色系が主流だったのに今は寒色系。冬季の保安面に問題はないんでしょうかね?

by サットン (2015-03-24 11:38) 

サットン

やまびこ3さん

個室寝台というと私はトワイライト以外は24系時代の瀬戸のA個室ぐらいですね。愛媛出張の帰りに旅費を航空運賃で請求して(笑)
やっぱり冬の北海道を代表する車両はキハ22ですか。同感です。初めて渡道した’83年なんて非電化区間はどこを向いてもキハ22でしたから。ローカル急行にも充当されていましたよね。
札幌駅は既に高架に上がっていました。ただし、1・2番線はこの年の9月に使用開始されたそうです。

by サットン (2015-03-24 11:50) 

きゅぴ

711系は札幌行き北斗の途中駅での停車中に写真を撮ったことがあるだけで、結局一度も乗らないうちに引退となってしまいました。

そのまま解体かと思われていましたが、ネットで募金を集めた市民団体によって保存されることになったそうです。
by きゅぴ (2015-04-19 18:27) 

サットン

きゅぴさん

そうですか! 711系、保存されるんですね!
北海道の鉄道史にはなくてはならない車両ですが、何分にも地味な外観だけに全車スクラップかと危惧していましたが、ひと安心です。
屋根のある場所で大切に保存してやってほしいものです。
by サットン (2015-04-20 11:21) 

のり

最近、ブロ友さんの記事に、昭和を代表するテレビ番組のテーマ曲という話題が出ていました。

私は、迷うことなくNHKの新日本紀行を挙げます。
素晴らしい紀行番組でした。
私は、特に「木曽森林鉄道」の回をよく覚えています。森林鉄道に理髪店車両を連結して山奥に分け入っていたことも、この番組で初めて知りました。

そしてNHKアーカイブスのページで、1973年3月に放送された「幸福への旅」の冒頭部分を見ることができることを発見しました。
幸福駅ブームのきっかけとなった番組だったことも、最近になって知りました。
上野駅で幸福までの切符を買い求めるところから始まり、あの素晴らしいテーマに乗せて、雪原を行く2両編成の広尾線気動車。本当に涙が出てきます。

国鉄再建のためと犠牲になったローカル線。本当に不要だったのでしょうか。
このシーンは、そのことを痛感させてくれます。
by のり (2015-04-27 21:14) 

Nです。

同道いたしたNです。今は鉄分も薄まりすっかり一般人化しております。
さて、1990年(平成2年)1月13日の日記を見たところ、札幌駅から「おおぞら」号は満席のため1本見送り、新得で方向転換。リゾート特急か、狩勝か、鈍行か。結局、鈍行に乗り午後7時頃に札幌グランドホテル到着だったようです。
翌14日は、小樽で寿司、北一硝子館本店を巡った後、夕方に札幌駅で貴君を見送った後、小生は特急おおぞら号で帯広に向かい東急インに泊まったところです。
それにしても貴君の記憶力には恐れ入ります。
ではでは。
by Nです。 (2015-05-06 02:23) 

労軽好人

お、昔見た男前が沢山写ってますね!
同世代人として共感を感じます。私も北海道は1995年以来行ってません。また渡道したいものです。

昨日は別用おつかれさまでした。
明るく元気に(とは言いにくいですが)参りましょうね。
by 労軽好人 (2015-05-25 19:05) 

suzuran6

しばらく更新されてませんが、お元気ですか?
by suzuran6 (2015-06-19 20:37) 

のり

お元気ですかぁ…
by のり (2015-09-17 00:39) 

硬券屋

サットンさん

先週は久しぶりに会えて感謝です。
私が落ち着いたら6年越し懸案の鰻に
行きましょう! 近日中の再開楽しみにしてますよ!
by 硬券屋 (2016-01-18 13:21) 

ちんくろ2級

ずいぶん、更新がないようですが・・・お元気ですか。
by ちんくろ2級 (2017-03-07 16:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。